About

当サイトは、2019年8月25日(日)開催 ダイヤモンドはドアの裏4(仗露プチオンリー)にて実施のアンソロ企画サイトです。本企画は赤ブーブー通信社様、原作およびアニメ、出版社、その他関係社様とは一切関係がありません。
二次創作にご理解のない方の閲覧はご遠慮願います

※当アンソロジーは18歳未満の方はご購入いただけません

主催:みっきぃ

special thanks:橘様

groom

Josuke Higashikata

1983年生まれ。双子座。血液型はB型。ぶどうヶ丘高校1年生。スタンド名はクレイジー・ダイヤモンド。髪型を馬鹿にされるとブチ切れる。仗露では攻める方。

groom

Rohan Kishibe

1979年生まれ。誕生日不明。血液型はB型。杜王町に住む天才漫画家。リアリティを追求するが故に危険なことにもすぐに足を突っ込む。蜘蛛ペロの人。仗露では受ける方。

仗露の「初夜」をテーマにしたアンソロです

「はじめて」に至るまでの二人の経験の有無はご執筆者様によって異なります。

当アンソロは18歳未満の方はご購入できません

頒布の際は、年齢確認をお願いすることもありますので、身分証明書のご持参をお願いいたします。

2019年8月25日開催「ダイ裏4」にて発行

タイトル:「Diamond Night」
A5・ページ数未定 価格:未定

バナーリンク:http://joro.honeymoon.jp/images/banner.gif

anthology publication

Event

アンソロジー発行日

10:00 AM 15:00 PM
Sunday 25 August, 2019

A5・ページ数未定
頒布価格:未定
頒布スペース:Diamond Night
3号館エ30ab・31ab
   ※当アンソロジーは18歳未満の方のご購入は禁止しております。ご了承ください。

書店委託

書店委託等、決まり次第掲載いたします。

仗露っていいよね

History

  • 漫画家のうちへ遊びに行こう

    岸辺邸にて

    杜王町に有名漫画家が住んでいるという情報を知った間田と一緒に岸辺邸を訪れる康一くん。露伴にすっかり気に入られてしまい、岸辺邸に囲い込みされる康一くんの異変に仗助と億泰が気づき、助けに入る。その際、露伴が康一くんの記憶を読んで仗助の髪型を貶した際、仗助にボコボコにやられてしまう。

  • ジャンケン小僧がやって来る!

    カフェドマゴにて

    露伴がカフェドマゴに向かうと仗助、億泰、由花子の3人でお茶をしており、その際に仗助は「よかったらここすわっておしゃべりしない?」と誘う。露伴はメンツを見て話すに値しないと判断し、仕事中だと言って断る。その後、露伴がじゃんけん小僧である大柳賢とのバトルの最中にジョセフと透明な赤ちゃんと一緒に歩いている仗助と遭遇する。「おれあいつ嫌いなんスよ」といって露伴を無視するが、じゃあなんでさっき誘ったんだ。

  • ぼくは宇宙人

    岸辺邸にて

    支倉未起隆の能力を遣って露伴から小遣いを巻き上げようとする仗助。チンチロリンでイカサマを仕掛けるが、露伴はコケにされたと思い、自分の小指にペンを突き刺す。仗助は治そうとするが、露伴は拒否し、イカサマを見破られなかったら200万で仗助に治療をたのむ条件と、イカサマを見破った際は仗助の小指をもらう条件を提示する。イカサマがばれそうになったが岸辺邸が火事で燃えためゲームを中断し、仗助は露伴の指を勝手に治してその場から立ち去っていった。露伴の恨みがますます深いものになった。

  • ハイウェイ・スター

    二つ杜トンネルにて

    仗助がバスに乗車するとそこには因縁の露伴が座っている。露伴は着席を促し、前後で仲良く座り合う二人。バスがトンネルに入った途端部屋が出現し、それを仗助に伝えるとあしらわれてしまったため、単身でトンネルに向かう。そこでハイウェイスターに捕まってしまうが、「言うこととやることが違うウソつきだからよ〜」と言って露伴の後を追う仗助。助けにきた仗助と露伴の二人を見て、ハイウェイスターに「別に愛し合ってる仲じゃあねーんだろ」と言われる。露伴はなんとかヘブンズ・ドアを使って仗助をその場から助け出す。そのことに対して、仗助は恋に落ちるグッときたらしい。